自宅にある盗聴器の見つけ方

盗聴器の問題を解決する為に必要な知識

様ざまなタイプがある盗聴器

皆さんは現在日本でどれだけの盗聴器が販売されてるかご存知ですか。
年間の売り上げは平均30万台と言われています。
使う用途は様々で盗聴器というと悪い印象持たれるかもしれませんが決してそれだけではありません
盗聴器が防犯対策になることもあったり、盗聴器の売り上げすべてが悪用に使われることではありません。

しかし盗聴器を悪用するケースが圧倒的に高いのも事実です。
年々盗聴器が減らない理由は何点かあります

理由として一番の原因は盗聴器を仕掛けられていたとしても、誰が取り付けたのか探して罰則することができないからです。
理由としては先ほども言ったように盗聴器を悪用することだけに、使うものではないということがあります。

しかし盗聴器をつけられた側としたら、仕掛けた人が何の罪にもならないことに納得がいくわけがありません。
盗聴器の関係の事件で罪に問われるとしたら設置するために家に勝手に入った場合は不法侵入で、設置した家に何度も足を運ぶなど、異常行動として判断された場合はストーカー規制法違反で罰することはできます。

しかしここまでくると、身の危険を感じるほどのレベルだと思います。
ではどのようなことをしていれば、盗聴器を仕掛けられる心配をしなくても良くなるのでしょうか。
そして最近の盗聴器は昔と比べて、どう変化しているのか気になるところですよね。
盗聴器の種類やありがちな設置場所、見つける方法などをもしものために
知っておく必要があると思います。

TOPへ戻る