盗聴器の問題を解決する為に必要な知識

>

現在盗聴器が起こす問題

現在でも多く売られている盗聴器

自宅に設置される盗聴器で、一番多いのはコンセントプラグについている小型の盗聴器です。
小型と言っても周波数を合わせれば、部屋の中の会話を判断できるほど本格的です。
コンセントプラグ型の盗聴器は、簡単に扱うことができるため人気なのです。

コンセントプラグはもともと電気を送るためにあるので、コンセントプラグをコンセントに差し込んだ時点で、盗聴器も使えてしまうのです。
コンセントの差し口に1度さしてしまうと、確認することはなかなかないですよね。
設置されてもなかなか気づけないのは、そのせいなのです。

その他にも電池式のものや、ボールペンや時計型のものもあるので、日頃から盗聴器がどこかにあるかもしれないという意識は必要なのかもしれません。

現在広がりつつある新しいタイプの盗聴器

最近のアプリをダウンロードしただけで盗聴される可能性があるということをご存知でしょうか。
表上ではそのような記載はもちろんされていませんが、どのような方法で盗聴しているのかは詳しく分かっていないため、とても注意しなければいけません。

分かっていることといえば、インターネットを通じてる盗聴か、アプリの監視アプリというものを利用して盗聴をしているということだけです。
普段何気なくダウンロードしているアプリも、知らない間に悪さをしている可能性が十分あるのです。

そして今まではラジオの周波数を合わせると盗聴できるスタイルが多かったのですが、最近ではデジタル化され盗聴器を発見するのがより難しくなってきました。
現在はより注意しなければいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る